人気のサロンを選ぶ秘訣

b833e910fad4e1989f9a786e7337a4d6_l

 

シースリーで全身脱毛の施術後、特にワキ脱毛の後に、汗が増えたように感じる、という方はいます。しかし、実際に汗の量が増えるということは、理論上ありえないとされています。汗が増えるという噂が広まったのは、シースリーで全身脱毛やワキ脱毛によって、ムダ毛がなくなったことに原因があります。

わき毛とは、脇の下にかく汗を吸い取り、蒸発させる役割があるのです。

性器と同じく、脇の下は自分のにおいを発生する場所で、いわば人間の動物的な機能があるわけです。では脱毛の施術後、汗とにおいを発散させていたわき毛がなくなるとどうなるでしょうか。

以前まで体毛に染み込んでいったはずの汗が、染み込む先を失い、肌表面に付着することになります。脇の下は外気に触れることが少ないため、そのまま汗は水滴となり、肌を流れていってしまうということです。脱毛施術後に汗が増えたように感じた方は、この状態を勘違いした可能性があります。

脱毛後に今までワキ汗をかかなかった人が、汗をかくようになった、という話もあります。その場合も、今まではわき毛があり、汗が水滴とならずに済んでいたからです。

わき毛を剃っただけではこのような現象が起きないのは、毛穴にある体毛の毛根部分が汗を吸い取っているからです。

全身脱毛というのは1回で終わるわけではなく毛周期に合わせて脱毛をしていく必要があるので、脱毛の回数で言うと12回~15回、期間でいうと1年半~2年程度の期間が必要になってきます。

引用:全身脱毛梅田ZU01│人気で安いおすすめ全身脱毛サロン

 

脇脱毛は何かい必要?

ムダ毛が伸びてきたら処理をする。これは当然のことです。ムダ毛が伸びてきてもまったく気にしないから放ったらかし、こんな人はめったにいません。普通の人ならムダ毛が気になり自分で処理をしようとするものです。

自分でムダ毛処理を行う方法としてはカミソリやはさみといった刃物を使用して処理する方法や除毛クリームなどを使用することが一般的です。これはこれで一時的には有効ですがすぐにまたムダ毛は生えてきます。

そこで求められるのが永久脱毛です。永久脱毛をすればこうした面倒な処理をまったく行わなくても済むのです。これが永久脱毛を行う人の最大の理由でしょう。また、自分でムダ毛処理を行い続けると肌トラブルに侵される心配があります。

肌荒れを起こしたり、乾燥肌を促進させたり、肌の黒ずみを引き起こし色素沈着を誘発するなんてことも起こりえるわけです。永久脱毛を行うとこうした心配も不要となることも魅力のひとつであるとも言えるでしょう。

このように永久脱毛はお金がかかることではありますが、トータルで見るとメリットが大きいため世の中の女性たちは永久脱毛を望むのです。

フラッシュ脱毛は効果が低いです

脱毛にはどのくらいのペースで通えばいいのでしょうか。これは部位によって変わってきますが、大体、毛周期に合わせするのが普通なので、2~3ヶ月に1回のペースで通います。

脱毛に通うペースは、次の予約日が施術してから2~3ヵ月にするのが一般的で、それは、成長期、退行期、休止期からなる毛周期に合わせて脱毛しないとよりよい効果が得られないからです。

脱毛をしてムダ毛がまったくない状態にまでなるには個人差がありますが、大体1年~1年半ぐらいは掛かります。毛が次に生えてくるのには個人差がありますが、通常は2~3ヶ月ということになり、効果的に照射してムダ毛の状態を薄く少なくしていくには、ある程度生えてきてから一気に照射して処理するのが一番効率的なのです。

そうしたことから、脱毛は2~3ヶ月に1回のペースで通うというのが理想的なのです。毛の状態によっては1回の施術では効果が少ない場合があり、すぐにまたムダ毛が出てきてしまうことがありますが、1回の施術だけでは毛周期が把握できません。

体質によって何度か施術しないと毛質が変わらないことがあるので、何度か通うことで脱毛の効果を確認します。

医療脱毛は効果抜群!しかしその副作用も

脱毛って最近ではとても行っている人が増えてきているんですよね。女性の身だしなみの一つとして多くの女性の方がおこなっていることかと思います。

そんな脱毛なんですが、気になるのって脱毛による影響ですよね。脱毛をおこなうことによって肌トラブルのような影響がおこってしまわないのかどうか気になってしまうことかと思います。実際はどうなんでしょうか。

脱毛によって肌トラブルが起こってしまう可能性はあるのでしょうか。脱毛は光やレーザーの照射によっておこなうものです。最近では肌に刺激の少ない脱毛マシンを使用しているところも多いのですが、それでもかなりお肌には負担を与えてしまっている状態となっているのです。

なので照射を行った時に受けた熱や刺激で炎症をおこしてしまって赤みが出てしまう時もあります。その時には冷やしたり保湿をおこなうことによって対処することができます。それからレーザーの出力が強すぎたためにやけどをしてしまって、そのやけど跡が色素沈着をおこしてしまって黒ずみになってしまうというケースもあるようなんです。

脱毛をすると毛が中に埋まると聞きましたが大丈夫ですか?

脱毛ってとても魅力的なものであると思います。女性の身だしなみとしてもぜひおこなっておきたいものですよね。そんなメリットの大きい一方で脱毛をおこなうことによって発生してしまう肌トラブルもあるのだそうです。少し不安になってしまいますよね。

そんな脱毛後の肌トラブルの中に、毛が埋もれてしまう埋没毛というような状態になってしまうという噂を聞いたのですがこれって本当なのでしょうか。

実際のところそのようなことはないようなので安心してください。ですが、脱毛をおこなうことによってお肌に負担を与えてしまっていることになりますので、脱毛後には保湿をおこなうなどのケアをしっかりとするようにしないと、お肌が炎症をおこしてしまったりする可能性があります。

なのでお肌のアフターケアはとても大切なんですね。自宅に帰ってからも丁寧に行うようにしましょう。埋没毛は脱毛によるものよりも自己処理によってなってしまうものが多いです。

なので自己処理をおこなうよりも脱毛をおこなったほうが確実にきれいになることかと思います。脱毛は魅力的なんです。

時間がない人は家庭用脱毛器がおすすめ

脱毛器は自宅で気軽に脱毛できる反面として、
『本当に自分で安全に脱毛することができるの?』

自分で脱毛器を利用して危険なことはないの?
お肌にダメージがあってからでは遅いですからね。

脱毛器は本当に危険じゃないのか?
どんなことに気をつければいいのか?ご紹介していきます。

結論として、脱毛器は使い方をらなければ安全に利用することができます!

脱毛器の基本的な使い方として説明書に書いてあることをしっかりと守れば
脱毛器で失敗した・危険な思いをしたということはほとんどありません。

やはり、脱毛器には限界があるので、IラインやOラインの脱毛をすることはできず、
お肌の弱い人など強さの調節は自分でしなければいけないデメリットがあります。

また、多くの脱毛器はフラッシュ脱毛と言って黒い点に反応するので、
目にやってしまったりするのは失明の危険があるので絶対にやらないでください。

脱毛器は家庭でやることが前提で作られているので、
基本的な使い方をすれば問題なく脱毛することができるので安心してください

脱毛器を利用する際には説明書をよく読んで利用してみてください。
実際に私が利用した脱毛体験談を公開していますのでご覧ください!